支援を受けて福岡で子育てと仕事を両立

支援を受けて福岡で子育てと仕事を両立

毎日家事や育児に追われる日々を送っていると、これにプラスして仕事もこなすだなんて到底無理そうだと、外に出て働くことを諦めてしまいそうになるお母さんが多いことでしょう。
しかし、女性の社会進出が進んだ現代では、女性だけに育児の負担が重くのしかかって身動きが取れなくなってしまうことがないように、自治体がさまざまな支援サービスを提供するようになっています。
それらの支援サービスを利用すれば、子育てを仕事と両立させることは可能です。
福岡県の場合は、女性の出産や子育てを応援する目的で、ポータルサイトを立ち上げています。
お子さんを育てながらお母さんが仕事を探して働くためにはどんな施設やサービスを利用すれば良いのかについて掲載されたサイトです。
掲載されている内容の一つとして、仕事を探しやすいマザーズハローワーク等があります。
一般のハローワークの場合はお子さん向けのスペースが整備されていないことも多いため、ハローワークに行くためにお子さんを一時的に預かってくれる人を探さなくてはならなくて、利用のハードルが高くなっていました。
その点、マザーズハローワークの場合は施設内にキッズルームや授乳室が用意されているので、お子さん連れで気軽に仕事探しに訪れることができます。
どうやって子育てを仕事と両立させれば良いか分からないとか、ブランクが大き過ぎて上手く働けるか不安とかいった、お子さんを持つお母さんが抱きがちな不安について個別相談に乗ってもらうこともできます。
いきなり求人探しをするのではなく、まずは相談だけしに行ってみるのもいいでしょう。
また、マザーズハローワークでは保育サービスに関する情報の提供も行っています。
お子さんを預かってもらうことができれば、勤務時間中にお母さんがお子さんの心配をせずに仕事に専念できるからです。
具体的には、地域にある保育園の情報やお子さんが急に病気にかかってしまって保育園では預かってもらえないときに利用できる病児・病後児保育サービスなどについて情報が得られるようになっています。
以上のような支援施設・サービスを上手に利用して、しっかりと子育てを仕事と両立できるように目指してみてください。

 

福岡市の子育て環境の良さ

福岡市の子育て環境の良さ

子育てを行ううえで、環境というのはとても重要になってきます。
環境次第では、子供に良い影響も悪い影響も与えてしまう可能性があります。
福岡市は子育てに関しての環境がとても整っている場所です。
では、なにがいいのかというと、行政機関が多くの子育て支援施設を作っている点がまずあります。
子供を育てるにあたっての悩み相談窓口があることです。
福岡市こども総合相談センターえがお館では、24時間、電話での相談を受け付けています。
相談員も、児童福祉士や、臨床心理士など多くの専門家が相談に応えてくれます。
当然ながら、相談料は無料ですので、この施設に電話をすることで多くの悩みを解決する手段を教えてくれます。
ある程度大きくなった子供に対しての相談にも乗ってくれるので、将来にわたって相談ができます。
電話だけではなく、問題が大きくなれば施設内で直接核問題のプロが対応してくれる点も大きな魅力です。
保育園や幼稚園の入所については今は全国どこでも保育所の数が足りず、待機児童が増えてきてしまっています。
福岡市も例外ではありませんが、行政機関では保育園の増設から、保育士さんの待遇改善を図っていこうとしています。
子育てしやすい街を目指しているのが福岡なので今の現状に悲観することはありません。
市内の各地には、子供が遊べる施設が多く存在しています。
こういった場所には無料で気軽に利用することができ、同じような悩みを共有できるママ友ができやすい場所でもあります。
施設内では、子供に関することの相談も受け付けているので、積極的に利用することで、保育園に関する情報なども手に入れやすくなります。
福岡市では平成28年度から中学3年生まで入院に関する医療費の助成がスタートします。
今までは小学6年生まででしたが支給対象が広がるため、親にとっても非常に助かりますね。
このように、期待できる政策を進めている街であることから環境も良い街となっています。

 

福岡で幼稚園を選ぶ際の留意点について

福岡で幼稚園を選ぶ際の留意点について

子育てで悩む親御さん達にとって、幼稚園選びは難しい選択肢です。
我が家の家庭の基本方針と合うか等、考えさせられる事もあるでしょう。
そのため福岡の幼稚園を選ぶ際には最初にしっかりと子供に合うかどうか吟味した上で決める事が大切です。

幼稚園を選ぶ前には入園の1年以上前から情報を収集し、候補をいくつか考えておきます。
直前になって慌てる事がない様、入園金の準備も必要です。
8~9月には見学会を行う幼稚園も多いので、下見に行っておくと良いでしょう。
10月には願書の受付も始まり、11月には内定、入学金の支払、入園手続きがあります。
幼稚園は公立(国立、市町村立)、私立の2種がありそれぞれ特徴が違います。
国立は抽選や受験があり市町村立は2年保育がほとんどで、入園料が無く月謝も安いですが、一方で私立は教育熱心で入園料、月謝も高い傾向があります。

幼稚園は認可と無認可があり、園の教育方針を貫こうとする所は無認可が多いです。
また、3年保育の園の中には2年保育が出来ない所もあるので注意が必要です。
園がどのような教育方針であるかは気になる所ですが、特に私立は園によって大きく違います。
教育に力を入れていたり、自由にのびのび遊ばせていたりと様々です。
事前の説明会や見学に積極的に参加し、子供達がどんな表情で遊んでいるか先生達と上手く接しているか等をチェックしておきましょう。
複数の園と見比べてみたり、送迎、給食、預かり保育があるかも重要なポイントです。
通園は、徒歩、自転車、園バス等の方法があり、徒歩や自転車では雨等の荒天時に大変ですが費用はかかりません。
園バスは遠くの園でも通園出来ますが、その分費用(月数千~数万円)がかかります。
長時間のバス乗車が、子供には負担である事もありますのでお子さんにしても親御さんにしても、無理なく通える距離なのかをよく考えておきましょう。
食事は園によっては給食であったりお弁当持参であったりしますが、混合型である事もあります。
親がお弁当を作れない時のサポートがあるのかどうかも確認しましょう。
預かり保育の有無は、働く親御さんにとってとても重要な問題です。
条件や制限があるか、何時まで預かってもらえるか等、よく調べておきましょう。
子供が問題なく幼稚園に通えるようになる為にも、親の情報収集は必要な事です。
分からない事があれば自分の目で確認してみる事が大切です。

頭を良くするための簡単な遊び方

頭を良くするための簡単な遊び方

「子供が元気に育ってくれればそれでいい。」初めはそう思っていても「もっと可愛くなればいいのに。」「もっと頭が良くなればいいのに。」と次第に欲が出てくるものです。
福岡には小さな子供でも通える習い事はたくさんありますので、英語や音楽、スポーツなど興味のありそうなものをいくつか習わせてみるのもいいかもしれません。
しかしまだ習い事をさせるのには早すぎる、そんな習い事の費用なんて出せないという方にオススメなのが、遊びながら勉強をするという事です。
何も難しく考える事はなく、ただ遊びの中に簡単な勉強を織り交ぜるだけと非常に簡単にできます。

例えば子供がボール遊びをしているとして、「お母さんにボールを1個ちょうだい。」と言い、貰います。
貰った時に「ありがとうございます。ではお母さんは赤いボールを2個あげます。はいどうぞ。」と言って渡すと、これだけで数の勉強と言葉、文章構成、接続語の勉強ができます。
ここで重要なのは接続語をきちんと言う事です。
ついつい接続語を付けずに「ボール取って。」と言いがちですが、きちんと「ボールを取って。」と言いましょう。
なぜならば接続語の使い方次第で意味合いが全く違う場合がありますよね?
しっかりと正しい言葉を伝えることで、勉強していると意識しなくても自然に知識を身に着けることができます。

そして、子供と遊んだらなるべく一緒に片付けをして下さい。
先程例を挙げましたが、同じ事をして片付けると復習にもなります。
また、夜寝る前にも今日は何をしたかを聞きましょう。
何をしたのかを思い出して言葉にすることで、きちんとした文章を作る練習にもなるからです。
子育てをしていく中で、幸せな人生を歩んでほしいと思うのは親として当然の事です。
子供が恵まれた環境で育っているならばいいのですが、そうではない環境でいかに子供を立派に育てられるかというのは本当に難しい事かもしれません。
しかし遊びの中で勉強をすると子供も楽しんで勉強するようになります。
頭が良くなるようにするのは大変かもしれませんが、どのように成長するかそれも一つの醍醐味です。
子供の為になる遊びを考え、楽しみながら子育てをしていって下さい。

「賢い子」とたくさん言われる子供の共通点

「賢い子」とたくさん言われる子供の共通点

「賢い子」という言葉は実はとても曖昧です。
上手に座れれば賢い、一人でトイレに行ければ賢い、上手に絵がかければ賢いと子供の周りには「賢い」という言葉が溢れています。
それは決して悪いことではないのですが、こんなにも「賢い」という言葉が乱用されている原因はもちろん、大人のエゴが入っているからです。
しかし、賢いと言われる子供にはある一つの能力が備わっています。
それは集中力です。
今回はその集中力を養うための方法をお伝えします。
まずは乳児での集中力の養い方ですが、もちろんデスク作業は無理ですので遊びの中で養えるようにしていきます。
簡単なものはブロック遊びです。
子供を膝の上に乗せ、目の前で大人がブロックを積んでいきます。
最初は自分では積むことができませんでの、子供は大人にブロックをしてくると思いますが、ここでのポイントは無理に子供にさせないことです。
0~1歳の子供はじっと座っているだけ、ブロックが積まれていくのをじっと見るだけで集中力を養うトレーニングになります。
自分でブロックを積ませようとして全く積めずに飽きてしまう…その方がむしろトレーニングにはなりません。
自分でつもうと思ったら子供もひとりでにチャレンジしていきますので、その時までじっくり見せてあげてください。
そして、幼児ですがこちらは乳児よりも簡単です。
お絵かきやブロック遊びなど、自分が好きなデスク遊びを好きなだけさせてあげることです。
幼児にもなると自分のこだわりや好きな物事も出来てきますので、それをぞんぶんにさせてあげてください。
「好きこそ物の上手なれ」という言葉があるように好きなことをさせている子供の集中力は尋常ではありません。
その習性を利用してぜひ試してください。

だんだん大きくなってきたら、本格的に好きな物に集中できる環境を用意するのもいいでしょう。福岡では子供向けのスクールや施設、習い事などが多くあります。
身体を動かすのが好きであればスポーツ関係の習い事をしてみたり、音に興味を持っている子には音楽教室などもありますので、まずは体験から始めてみるといいかもしれません。外の施設を利用することで子育ての幅も広がります。

成長・発達に合わせた遊び道具

成長・発達に合わせた遊び道具

子育てをしている中で、誰もが悩むのが「子どもにどんなおもちゃを与えるか」です。
お子さんの成長に合わせたおもちゃを与えていきたいですよね。
デパートや赤ちゃんグッズが販売されている店舗は福岡にも多くあるので、各年齢に合わせたおもちゃを買ってあげるといいでしょう。
今回は、0~2歳くらいの低年齢児の手や指の発達に合わせた、おうちで遊べる遊び道具について、いくつかご紹介します。
0歳児は身体の発達がめまぐるしく、中心から末端へ発達が進んでいきます。
最初はおもちゃを握ることすらできなかった子も、次第に落とさずに握り続けて遊ぶことができるようになっていきます。
握れるようになるまでは手首にはめておくことができる、音の出るぬいぐるみのようなものがお勧めです。
音がすることで、そっちを見ようとしたり「手を振ると音がでる」ということに気付くと、何度も手を振って遊ぶようになります。
握ることが上手になってきたら、次は「離す」ことも次第にできるようになってきます。
「ちょうだい」「どうぞ」とお気に入りのおもちゃでやり取り遊びをしたり、「ぽっとんおとし」と呼ばれるおもちゃ(穴からボールなどの物を落としては拾う、を繰り返す遊びです)を与えると、何度も繰り返したりします。
離すことが上手になってくると、ボール遊びなども楽しめますね。

1歳児になると、徐々に「手首をひねる」ことができるようになってきます。
からっぽのペットボトルの中に好きなおもちゃを入れて「あけてごらん」と渡し、あけて遊ぶおもちゃを手作りしてみたりするのもいいかもしれません。
手や指の力がついてくれば、水道の蛇口をひねることもできるようになってきます。
型はめタイプや、ブロックタイプのパズルや絵合わせなども「目で見たところに、合わせてはめる」という『目と手の協応反応』の発達を促すのにお勧めです。
最初は4ピースくらいの簡単なものから始めると、達成感も味わえるのではないでしょうか。

2歳児は、細かい手の動きもできるようになってきます。
指先も器用になり、「ひもとおし」と呼ばれるビーズの穴にひもを通す遊びもできるようになります。
ビーズとひものサイズは、最初は大きく太い物(大人の指くらいの太さ)から徐々に小さくしていくと、集中力も増していきますのでお子さんと一緒に、ビーズでネックレスやストラップを作ってみるのもいいでしょう。

大きくなるにつれて「あのおもちゃがほしい!」と自己主張も出てくるようになってきます。
そうなるまでの短い間ではありますが、成長に合わせた遊び道具をお子さんに選んであげるのも、子育ての楽しみの一つなのではないでしょうか。

福岡で子供を預ける施設「幼稚園」を選ぶメリットって?

福岡で子供を預ける施設「幼稚園」を選ぶメリットって?

 

お子さんが集団生活を行う一番最初の場が、保育園、もしくは幼稚園となります。
ですから、お母さん方も幼稚園選びや保育園選びには慎重になりますよね。
でも、そもそも幼稚園と保育園、どちらの方が良いのでしょうか?
保育園と幼稚園は、そもそも目的が異なっているため一概にどちらがいいとは言えません。
お子さんの性格にもよるでしょうし、それぞれの家庭の都合によっても変わってきます。
それを踏まえた上で、今回は幼稚園のメリットについてお伝えしましょう。
福岡の幼稚園のメリットとしてまずあげられることは、保育園よりも選択肢が多いことです。
保育園の場合は待機児童を抱えている地域も多いため、お子さんにあった保育園を選ぶということは、なかなか難しいかもしれません。
しかし幼稚園ならば多様な特徴の園の中から、お子さんに一番合う園を選ぶことが可能です。
最近は、自然の中でのびのびと過ごすことのできる園から、習い事や勉強をいろいろと体験させてくれる園まで様々なタイプの園があります。
ですから、お子さんの性格とご家庭の教育方針を照らし合わせながらよりぴったりとくる場所を選ぶことが可能です。
次に、幼稚園は文部科学省の管轄と言ったことからもわかるとおり、教育的な側面の高い施設です。
そのため一定時間座って学習する機会を儲けている園が多く、列に並んだり椅子に座る習慣がつきやすいところもメリットとしてあげられます。
幼稚園によっては、入学前に読み書きも教えてくれるところもあります。
ただ、これはその幼稚園の特徴にもよりますし、最近では保育園でもこのような活動に力を入れているところもあります。
そして一番保育園と異なる点が、降園時間が早いという点です。
そのため親と一緒の時間が多く、降園後の時間を親子でゆったりと過ごすことができます。
習い事も平日に通うことができるため、お子さんに様々な体験をさせることができます。
このように、幼稚園を選ぶメリットは様々ですが、もちろん保育園を選ぶメリットもありますし、それぞれの家庭の都合によって合う施設は大きくことなります。
福岡には幼稚園も保育園も多くありますので、しっかりと各施設のメリットやデメリットを踏まえた上で、子育てにおいて一番良い選択は何かをじっくり考慮して選ぶことが望ましいでしょう。

子育てママを悩ませるベビーの人見知りは改善する?

子育てママを悩ませるベビーの人見知りは改善する?

 

ベビーが小さくミルクを飲んで寝ているだけの生活でも、ミルクを飲む量が少ないとかなかなか寝てくれない、ほっぺがカサカサになる、お腹が下りやすいなど、ママ達の悩みは山積みですね。
子育てには、絶対的なマニュアルはないからこそ、みんな迷い、苦しみ、悩みながら必死に子供の成長を見守っていきます。
育児書やネット検索でたくさんの情報は集まりますが、かえって迷ってしまうことも慣れない子育ての中にはよくあることです。
そんな時は福岡にある保険所等で直接相談してみることで解決できることもあります。

ベビーが少し大きくなって、抱っこやベビーカーなどでお出かけできるようになると、人見知りをする子が出てきます。
スーパーなどで話しかけかれると、火がついたように泣き出す子も多いですが、この人見知りは一時的なものです。
人の顔の見分けがつくようになってきたという子育ての中での嬉しい成長でもありますから、心配することはありません。
ただ、人混みであまり大声で泣かれると焦ってしまいますよね。
町を歩いていると特におばあちゃんが「かわいいねー」と、フレンドリーに話しかけてくれることがあると思いますが、そんな時には、「ありがとうございます。でも、今人見知りがひどいので泣いてしまってごめんなさい」と少し距離をとると良いでしょう。
人見知りのひどい時期に人混みに行かなくてはならない場合には、抱っこでママにくっついているの方が、ベビーにとって安心感があります。
人見知りがイヤなので家にこもるのではなく、人見知りはママと他の人の違いが分かってきているという成長の表れなので、積極的に外に出ていきましょう。
世の中にはいろんな人がいることを、ベビーも小さいながらも少しずつ感じとっているんです。
ぜひ、ママがいろいろな人とかかわっている姿をベビーに見せてあげてください。
ベビーも経験を重ねていくうちに、ママじゃない人がたくさんいることを理解します。
そうすると、人見知りはだんだん消えていきます。
子育てでは大変な時はとても長い期間のような気持ちになりますので、外出して気分を変えて、リフレッシュしてくださいね。